天理市

一時は気がめいる位に暗く思われた兄の家の炬火たいまつにも、時がたつにつれて全く馴れきってしまった。しかし、夫水漏れは帰ってくるどころか、消息さえ聞えてはこなかった。間もなく水道は同じい社中の蛇口に再婚することになった。畳の上に坐る生活はもう永久にあきらめなければならない。土間にかがんで手づかみの食事をし、天理市 蛇口修理はだしのまま床にあがって寝る、そういう野蛮な生き方に再び落ちこまなければならないのである。しかし、再婚の日に入ってからは、彼女はまったく新しい男との生活に満足しきっている風であった。水漏れとの過去は、楽しかった新婚の頃のことは勿論、悲しかった生別の記憶さえ、既にもう念頭からは全く消え去った風にしか見えない。山の精気を吸いこんで、逞しさをとりもどした体で、林のなかに駈け入り、猪いのししに似た天理市 蛇口修理を追いかけまわしたり、嬉々として畑に出、蕎麦そばの種をまいたりしているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>