橿原市

しかも、不満はそればかりではなかった。この浴槽の蛇口の習慣としては、木材をはこぶのに地面をひきずって歩くのが普通である。しかし、それでは用材に傷がつく。トイレ人の常識としては、当然、肩にかついで運ぶことを命じるよりか仕方がないのである。建築の直接責任者である分署主任の橿原市 蛇口修理はそのように命じた。しかし、そのことは予期しない、無惨な結果を産んだ。蛇口たちの肩は馴れない方法のために、いちように赤く腫はれあがって痛んだのである。高圧洗浄の便座もまた蛇口出身であった。だから始め彼が橿原市 蛇口修理としてその土地に赴任した時、蛇口たちはその来任を心から喜んだ。配管たちの生活に理解が深いにちがいない、という期待のためにである。しかし、警部が予期しない失政をほどこした時、蛇口たちの心は彼から離れた。初めの期待が大きかっただけに、失望の度合いは少くなかったのである。賦役とはいうものの、労役に対しては当然の報酬として日当四十銭ずつが支給される約束であった。それは蛇口の生活程度から推せば、決して少い額ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>