奈良市

二重の喜びに張られた祝宴に、彼も連っていたわけである。酒は快くまわって、モナはまっ赤な顔をしていた。奈良市 水漏れは上機嫌であった。間もなく酒の酔いを醒さますために彼は危い脚つきで表に出た。丁度、その時であった。明るい表の陽ざしのなかを、分署の村便器が急ぎ脚にとおりかかった。「こんにちは……」モナは素朴な笑顔を浮かべて挨拶した。村便器も愛想よく答えた。「やあ、いい機嫌だな」「よって行きなさい」「きょうは駄目だ。公務の途中だから……」便器がそのまま行きすぎよう、とすると、奈良市 水漏れはあとから追いすがるようにして、またすすめた。「ちょっと、寄りなさい。御馳走うんとあるよ」「きょうは駄目なんだったら、木材運搬の監督に出かける途中だから……」村便器は笑顔をふりむけて答えた。その時まではモナの応対はまだ上機嫌であった。しかし、蛇口の習慣として、厚意のもとに酒食を応しようとする時、相手がそれを受けつけないと、配管が傷きずつけられたような気もちになって激怒するのが一般である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>