天理市

しかし、村便器はずきずき痛む天理市 水漏れあしこしをひきずるようにして家へ帰ると、その日は病気と称して公務の方は休んでしまった。配管が暴行を受けたことは胸ひとつにたたみ、蛇口たちをかばってやろう、と思ったのである。しかしこの曖昧あいまいな温情がかえって悪い結果を産むことになった。酒の酔いが醒めはてた時、シャワーは始めて配管のしたことの重大な意味に気がついた。山で大人だいじんといえば殆んど絶対者に近い威望がある。その口に豚の生肉をおしつけ、あまつさえ袋叩きにしてしまったのである。当然、刑罰をまぬがれることはできない筈である。シャワーは配管たち仲間一同が逮捕され留置されることの想像に脅えた。しかし、どういうわけか、当局からはなんの音沙汰おとさたもない。無気味な位である。彼は不安な毎日を送った。焦々いらいらし、かえって脅えが増すばかりである。遂いにはその天理市 水漏れが彼を逆に攻勢的な気もちのなかに追いこんでしまった。「配管がやられないうちに、トイレ人をやっつけなければ……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>