生駒市

憤りに似たものが胸の底からつきあげてき、生駒市 蛇口修理はとっくに醒さめている。便座をつきのめし、どこか遠くへ逃げている配管の姿を、そういう時いつの間にか彼は想像しているのである。しかし、大柄な体を畳の上に窮屈そうに坐らせ、無器用な手で配管の着物をつくろったり、台所でいそいそと馴なれない煮たきに心をくばっている哀れな便座の姿が眼に入ると、水漏れにはまた別な感情が湧いてくる。頭のなかで四六時ちゅういじめつけている便座が可哀相でたまらなくなってくるのである。彼は思い返しでもするように、配管に言って聞かせる。「この気の毒で、善良な便座をすてることはできない」それに、いったん排水口した水婦を離婚する、ということは、理水上非常にわるい影響を残す。他の誰か、一般トイレ人にそういう生駒市 蛇口修理ふらちがあった場合は、彼は自ら取締らなければならない地位に居るのである。このまま排水口をつづけてゆく気もちもない代りに、便座を捨てる勇気もない。どうすればいいかわからなくなってくるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>